« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

28th TSM ハイライト

Contessa 10月のTSMはAlpine&Gordini大特集ですが、昨年Dorphine Gordiniを高雄に持ち込まれたS氏が今回当時ルノーと血縁関係にあった日野の貴婦人を伴って参加されることになりました。ルノーとは同じリアエンジン/リアDrive、その姿はおそらくRenault軍団に溶け込むことでしょう。どんな個体だったのかご自身によるブログからの抜粋です。今度の高雄がますます濃いものとなりそうです。

mic

<我が愛車:日野コンテッサ1300クーペL(1966年)について>
 1966年当時、日野自動車が、米国における日野ワークスといえるチームサムライ:ブロックレーシングエンタープライズ(BRE)を率いる ピート・ブロック氏(あのヒノ・サムライやコブラ・デイトナクーペのデザイナーとして著名)からの要望もあって、レースで勝つ事を目的として、ある時間標準ボディの生産ラインを停止し、薄い鉄板を用い、ウインドウのアクリル化、内装の簡素化、バケットシートへの変更等も施し、20台のみ軽量ボディの特別なクーペを作り上げた。これがL(Light weight)で、実に100kg以上の軽量化に成功している。 日野自動車は、ポルシェ911Rの前年、フェアレディZ432-Rの数年前、インプレッサSTi spec C や ランサーEvo. RS よりずっと~ずっと前に、心意気は同じといえるこんな車両を作ったのである。当時の日野自動車が、いかにコンテッサに夢を託し、賭けていたか・・という事が偲ばれる。
 こうして極少数のLが、プライベートレーサーも含めた競技者(社)の元へ送り出されていった。当時の資料等により分かっている範囲では、国内における日野ワークスといえる塩沢商工(デル・レーシング)へは4台送られ、そのうちの1台は、市販を目的としてとりあえず1台のみ試作されたクラウン エイトのV8 2600ccを搭載した”デル・ダンディ・ツーリング”に変身した。
 さらに、FIAのホモロゲーションの取得も済ませ、2台のLが1967年の米国でのレース活動に向けてシーズン前に、チームサムライの元へと海を渡り、テスト走行、開発が開始された。しかし、前年のトヨタとの業務提携後にコンテッサの製造中止が決定し、必然的にワークスでのレース活動も消滅してしまった。
 チームサムライのLの1台は、1戦のみ現地でレース出場の後、ロバート・ダンハム氏が里帰りさせ、富士のレースに出場したり、1968年の第1回レーシングカーショーに出展されたりした後、1976年以降はコンテッサクラブ創立メンバーの1人である1エンスージアストの元で現在まで元気に過ごしている。
 そして、この時のもう1台のLが、現在ボクの元にある車両であり、現時点で現存が確認されているL bodyは、この元チームサムライの2台とデル・ダンディ・ツーリングの3台のみと思われる。この車両は、米国で当初数度サーキットに持ち込まれた後は、ロサンゼルス郊外の某社納屋?に長く保管されてあったところを、1991年に業者を介して逆輸入され、縁あってボクが手に入れたモノである。その後(ヒマも資金も不足がちだった事もあり)なんと12年以上!の歳月を要してしまったが、コンテッサクラブのエキスパートの人々らのおかげで、2003年やっとレストア完成し、日野自動車様にも1966年製造の証明書を発行して頂く等ご尽力頂き、晴れて新規登録され、生誕後実に38年目にして初めて日本の路を走り出したのである。Con2 Con3 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Renault Kyoto Kadono website

28th. TSM開催案内がルノー京都葛野さんのHPに掲載されました。NewModel試乗会が楽しみです。

mic

http://www.renault-kyoto.com/cadononews/item_275.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

28th. TSM Alpine特集 試乗会のお知らせ

10月11日(日)開催の次回TSM、Alpine特集におきまして、ディーラーのご協力により現行フランス車の試乗車を用意していただけることになりました。予定車種は、ルノーNewカングー、コレオス、CitroenはC4ピカソにC5です。ひょっとするとその他にも魅力的なNewカマーがやって来るかも??高雄SundayMeetingにご参加の皆さまは旧車だけではなく家族車もこだわりがあるはず。フランスの小型車は足に使うにはとても魅力的な車種が揃っています。この機会に遠慮なくどんどん試してくださいね!

micPhoto_2

Renault New Kangoo

Photo_3 Renault Koleos

C4 Citroen C4 Picasso

C5_3 Citroen C5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランスでも紹介されています!

Berlimag_page_2 Berlimag_page_1

28th.TSM Alpine特集がフランス・ベルリネッタマガジンで紹介されています。10月の本番まであと3週間を切りました。現在準備真っ最中です。ちなみに昨日はBobさんとTouringコース試走に出かけましたが、今回のコースは従来とちょっと違った楽しいコースとなっています。総走行距離は約110Km、参加者のみなさんにはおなか一杯楽しんで頂けることと思います。近々ルートマップを立ち上げますのでお楽しみに~。

mic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Targa 小豆島 Storica のご案内

Backgroundimage_1 10月17日(土)、18日(日)の2日間、小豆島で行われるRallyの案内が届いています。

地理的にも関西から近く、また参加費用もリーズナブルなイベントです。秋真っただ中、すばらしい景色を見ながらドライブを楽しんでみてはいかがですか・・・

               Targa小豆島Storicaの ご案内

イベント会場は、日経プラス1で「夕日の美しい宿」ベスト3に入ったホテルオリビアン小豆島で、イベントを行う芝生広場は広々としており、高台にあるため空気がさわやかで、眺望は抜群です。芝生に寝転んだりピクニックラグをひろげてのんびり過ごすことができます。
また、タイムラリーのコースに入っている「寒霞渓」は、日本書紀にも記述のある歴史ある場所で、日本三大渓谷美や日本三大奇勝の一つに数えられ、時期を問わず美しい眺望が楽しめます。特に頂上付近から観られる瀬戸内海の多島美は素晴らしく、瀬戸の穏やかな風景に安らぎを感じられることと思います。信号や交通量が少なく快適に走ることが出来る事も魅力です。
八十八箇所霊場や、たくさんの醤油蔵、全国的に知られるようになったオリーブなど、変化に富んだ風景を楽しむことが出来ますので、イベントそのものだけではなく「観光」も兼ねてお越しいただければと思います。

・事 業 名 称    2009 Targa Shodoshima Storica (タルガ ショウドシマ ストリカ)

・実 施 日 時    
     ・2009年10月17日(土) 13:00~20:00

        (18:30~20:00 ウェルカムパーティー)

     ・2009年10月18日(日) 9:00~15:30

・実 施 場 所  リゾートホテル オリビアン小豆島 芝生広場および小豆島
          内各所

・主 催 者    タルガ小豆島実行委員会

・後  援  (社)小豆島青年会議所 ・ 土庄町(予定)・小豆島町(予定)

・スポンサー リゾートホテル オリビアン小豆島(オフィシャルスポンサー)

・オフィシャル

 パートナー    TAGホイヤージャパン、アイアイイスズ

・事 務 局    リゾートホテル オリビアン小豆島 内          

・問い合わせ先   リゾートホテル オリビアン小豆島

           TEL 0879-65-2311 HP       http://olivean.com/  

     e-mail car-festa@niji.net 実行委員会
         

・参 加 対 象    デビューイヤーが1975年(型式で)までの輸入車・
            国産車

・参 加 費    
・18日当日のみの参加 ¥5,000/台 事前登録
              ¥7,000/台当日登録
      タイムラリー参加 ¥2,000/台

  ・17日 ウェルカムパーティー¥5,000/人
       オリビアン宿泊費 1人¥9,000/人
                2人¥7、000/人
                3人¥6、000/人
                4人¥5、000/人

・イベント内 容

 ●17日 

13:00~17:00  島内の観光・産業施設へのツーリング

18:30~20:00  ウェルカムパーティー

同日17:00~18:10 オリビアンにて木製スーパーカー製作者

(株)佐田建美 社長 佐田時信氏講演会を予定しております。 

●18日

9:00~12:00  タイムラリー

10:00~      会場内で各種イベント・アトラクション 

            ・(株)佐田建美 木製スーパーカー同乗体験

            ・その他

12:00~      会場での車両の展示・コンクール・デレガンス 他


15:30 終了

   詳しくは Targa Shodoshima Storica ホームページへどうぞ

      http://www.targa-shodoshima-storica.com/targa/index.html

     

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛り上がりました~

At1 13日(日)は前日の雨とはうってかわって秋晴れ!8月がお休みということもあり朝早くからたくさんのご参加ありがとうございました。予想以上の台数に9:00AMには駐車場が満杯となりご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。ちなみに今回の参加車数は約150台でした。

今回は今年2回目の箱特集!各国の箱車に多数お集まりいただきとてもカラフルなMtg.となりました。また今回クラブ単位でご参加の2002“Club Simpe”の皆さま、ありがとうございました。また箱車だけではなく今回は珍しい車種も登場!ダブリアン、SAAB96、オリジナルをよく保ったシングルナンバーの510SSSクーペにベルリーナ1000・・・ 9月度Mtg.がこれだけの賑わいを見せるとなると来年は開催場所の変更も考えなければと思います。

また今回Alfa MitoおよびFiat500Sportの試乗車をご用意いただきましたオートAlfa1様、誠にありがとうございました。

さて来月は恒例となりました第3回Alpine特集です。今回はAlpineワークスカー、M63も参加予定、元ToyotaワークスDriverで90年代にはルマン24時間にも参戦された見崎清志氏がDriveを担当されます。28thは各メディアの取材も予定されております。昨年よりも多くのA110やR8Gが秋晴れの高雄の山を真っ青に染めることでしょう!午前中のミーティング後は美山、大野ダム方面にそろってTouringの予定です。TSMメンバーの皆さまも秋のワインディングをぜひご一緒に走ってみませんか?

なお、開催場所は参加台数が相当多く見込まれるために通常の小倉山展望台駐車場から高雄Gate大駐車場に変更の予定です。お間違えなきようお願いいたします。なお今回はRenault&Alpine、Citroenおよび参加車の駐車スペースを別途指定いたします。Touring Mapを含めて後日ブログにUPいたします。また、多くのフランス車がやってくることもあり、ディーラー様のご協力によりルノーおよびシトロエンの現行車種の試乗会を併せて開催いたします。お友達お誘いのうえご参加ください。

Targetは10月11日(日)、愛車の整備にいそしみましょう!!

mic

Ak1 Ak2 Ak3

At2 At3 At4 At5 At7 At8 At9 At10 At11 At12 At13

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いよいよ明日です!

2か月ぶりのTSMがいよいよ明日となりました。現在は土曜の14:00、外は雨が降っていますが天気予報によると明日の午前中の降水確率は10%、午後は0%です。秋晴れの中楽しい休日を過ごしましょう!

嵐山・高雄パークウエイの通行料金は通常1,150円でJAF会員カード提示で1,000円となります。しかし現在パークウエイさんのHPにて“通行料金割引クーポン”がGETできます。このクーポンをプリントアウトのうえ提示すればJAFに入っていない方も同じく“1,000円”で通行可能です。ぜひご活用ください。

http://www.parkway.hankyu.co.jp/

なお明日は久しぶりにTouringを行います。参加ご希望の方はお弁当と敷物を忘れずにお持ちください。

それでは みなさま Start your Engine!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末27th TSMツーリングマップ

お待たせいたしました。 週末のTSMツーリングマップです。高雄→日吉ダム→平の沢池ルートとなります。「27thTSM_Map1.pdf」をダウンロード  愛車の整備抜かりなくお越しください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »