« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

第2回Coppa Di Suzuka のご案内

TSMでもおなじみのCoppaシリーズ主催者の岡田氏より今年最初のコッバ・デ・鈴鹿のご案内が届いています。開催日時は1月16日(土)、17日(日)の2日間で、いくつかのMenuに分かれていますが、17日(日)には改修なった東コースでのサーキット走行が予定されています。目いっぱい走るもよし、サーキット走行の雰囲気を楽しむもよし、この機会にぜひ参加してみませんか?ちなみにこの日は恒例の鈴鹿ゴールデントロフィーレースが開催され、またいつも筑波で行われているヒストリックカーレース“Sideway Trophy“も行われます。おなじみの元Toyota 見崎清志さんも参加され、TSMからも小生をはじめまぶちゃん、アパッチさん、ヨーロッパS1のSさんなど数名が参加の予定です。詳しくは下記の要綱をご覧ください。

mic

第2回 コッパ ディ 鈴鹿のご案内です。
(東海地方の方には年末にご案内発送済みです。遠方の方もよろしかったら、
ご案内お送りしますので、ミクシー・メッセージなどでご連絡くださいませ)

2010年  カチンコ1月16日
A プログラム タイム・ラリーのためのPC練習会
  鈴鹿サーキット.モータースポーツ・ゲート(旧9番ゲート)から入場。
  11:30より12:20まで、パドック内にて受付。
  12:30より16:30くらいまで、時間と体力と鈴鹿サーキットの都合
                    の許すかぎり、みっちり練習します。
         参加費は、一組につき、1名でも2名でも、2万円です。
         また、1台の車両を二組で、持ち回りで使用することも
         OKです。
         昨年より、高度に精緻に計測します。
         その場ですぐ結果をみて、その場でよりスキルアップできる
         内容です。
         
  
      ブタなお昼食はパドック内のセンターハウスに新しく開店した
         SUZUKA-ZE レストランで、各自、おとり下さいませ。
         地元の安心できる素材で調理された
         見栄豚じゃなくて三重豚や、地鶏や野菜を
         お楽しみくださいませ。

B プログラム ディナー・パーティー、およびサーキット・ホテル宿泊セット
    19:00~

      昨年のF-1開催のため、
      バーニー・エクレストンからの要求を叶えるために、
      21世紀基準で新装されたピットの上のホスピタリティ・エリア
      にて、ディーナー・パーティー。
  って、いうか、大新年会です。



      サーキット・ホテルとの間は貸し切りのシャトル・バスを
      ご用意させていただきますので、飲酒OKでございます。
      (ビール、ワイン、日本酒、焼酎、飲み放題です。)

      サーキット・ホテルは、温泉(露天風呂あります)の施設もあり、
      朝食付きです。

      以上のセットで、
      ツイン・ルーム2名さまご使用で、1名につき19000円。
      シングル・ルーム1名さまご使用の場合は、23000円となります。



      カチンコ1月17日(日曜日)

C プログラム 鈴鹿サーキット 東コース 占有走行会
                      新しくなった東コースです!

       9:00~9:30受付・車検、その後、走行説明会

      10:40~11:30 東コース走行会
                  20分X2回の走行です。
       (なお、時間帯については、多少前後する可能性はあります)


      第1回目は、自分固有のタイムで正確に走る競技です。
            毎週、同じようなタイムで走行し、
            その誤差を少なくする競技を、おこないます。

            でも、今後の鈴鹿との協議では、第1回目も、
            タイム・アタックのみになるかも。
            というのも、同乗者走行が、
            ペースカー先導の場合に限られるかもしれませんので。
            もっともペースカーを導入するとしても、昨年と同じく、
            フェラーリかマセラティですが。

      第2回目は、タイムアタックです。
            別記の各クラスごとに、表彰します。

      ロールバーは不要ですが、シートベルトは必要です。2点式でOK。
      ライトなどのガラスにはテーピングをしてください。

      服装は、長袖、長ズボン。グローブ着用のこと。
      ヘルメットはジェット型でもOKです。

      参加費は、21000円です。



      今回は、マカオ・グランプリで活躍された見崎清志選手が、
      アルピーヌM63 or A210で、出走の予定です。

D プログラム PC競技会 練習競技を行った後、本番の予定です。
       受付は、9:00~12:30の間、随時。
   Cプログラム終了後、Cの表彰式に引き続き、競技説明を行います。
   予定としては、12:30から13:00のあいだに始めたいと思います。
   説明会終了後、すぐに開始。ウォーミングアップの練習を1セット、
   おこなってから、本番の予定です。
 15時から16時には、終了の予定です。
   参加費は、21000円です。


なお、2010年は、各地で開催予定のコッパ・シリーズ全6戦+1戦=7戦
を結んで、ポイントを加算して、年間の総合タイトルを決定したいと思います。
なお、皆さん、お忙しいので、全部のコッパ・シリーズにご参加されるのも、
しんどいでしょうから、
おのおの各自が高ポイントを取られた上位3戦の合計を有効ポイントとしたいと思います。各コッパで、1位300点~50位1点までの得点をカウントさせていただきます。

また、クラス分けは、下記のように考えております。

1、戦前のサイクルカー(FIAT バリッラ、オースチン7含む)
2、戦前のスポーツカー
3、戦後50年代までのスポーツカー(1100ccまで)
4、戦後50年代までのスポーツカー(1101cc以上)
5、60年代のスポーツカー(2000ccまで)
6、60年代のスポーツカー(2001cc以上)
7、60年代までのツーリングカー
8、上記以外の車両で、主催者が許可したクルマ。

各クラスごとと、全クラス合算の総合での、表彰をします。

なお、1~6に当てはまらない車種でも、なるべく1~6の各クラスで
出場できるよう、便宜をはかりますが、やはり、これはちょっと・・・
というような車種は、7で許可するか、お断りするか、のどちらかです。

また、年間プログラムへの登録料は一組1万円となります。
ドライバーさん主体で、ナビの方や車両が、その都度変わっても、かまいません。
本年については、原則的に計測機は自由として制限を設けないようにしますが、
なにか問題が生じた場合には、
その計測機に制限を設けたり、禁止する場合もあるかもしれません。

また、詳細は順次、ご連絡しますが、質問、ご要望など、ありましたら、
よろしくお願いします。
より楽しいイベントにするために、皆様のご意見を参考にして改善していきたい、
と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYT 2010

みなさま あけましておめでとうございます。今年のお正月はいかがお過ごしでしたでしょうか? 久しぶりに故郷に帰ったり、ご家族と楽しいひと時?またお正月から車三昧?? みなさまそれぞれ楽しく過ごされたのではないかと思います。

さて、今年も1月3日にTSM恒例のNew Year Touringに出かけてきました。年末から冬型の気圧配置となり元旦、2日と小雪舞い散る寒い京都でしたが、3日は朝から青空が・・ 集合場所に集まった車は24台、途中参加を含め約30台の車が集まりました。コースは京都市内を北上、江文峠から大原、途中越を抜け琵琶湖大橋、素晴らしい景色の湖岸道路から近江大橋を渡り、川沿いのWinding、宇治川ラインからGoalの宇治リストランテ“Brio”までの約85Kmでhした。到着後はおいしいランチでひと時を過ごしその後解散となりました。

今年最初のTSMは3月第2週、Coppa Di Kyotoと共催です。開催場所は高雄大駐車場、これから寒い時期となりますが、春までの間に愛車をしっかりメンテしてあげてはいかがですか!?

mic

Ny1 二条城前のカラフルな参加車たち

Ny2 最近国産車が増えてきましたね!うれしいことです

Ny3 今回参加のElanは4台、1台は途中参加となりましたが・・

Ny9_2 オリジナルを良く保った車両が多いのがうれしい限りです

Nyt_mine 神戸から参加の白紅蓮さんご夫婦

Ny4 琵琶湖沿いのパーキングでのひととき

Ny5 いいお天気でした

Ny7 Goalのリストランテ“Brio”で

Ny8

丁度遊びに来ていた素晴らしい状態のディスコ・ヴォランテ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »