« Coppa di Suzuka ご報告 | トップページ | 開催場所変更のお知らせ »

47th. TSM 開催のご案内 および お願い


3月にはいり急に春めいてきました。本来なら第2週の11日(日)が今年最初のTSM開催日となりますが、本年は世界遺産をめぐる第1回京都マラソンが行われる運びとなり、併せてノーマイカーDayとなったことから、翌週の18日(日)の開催となりました。場所はおなじみの嵐山・高雄パークウエイ内小倉山展望台駐車場です。今回も貴重な車たちがやって来る予定です。まずは60年代当時東急商事によって輸入されたLotus Racing Elan Phase2、この車は故 高野ルイ選手が各レースに参戦されていた有名な個体です。今回久々にエンジンOH終えオーナーの大阪M氏が参加の運びとなりました。

26r_takano

次に、KTM X-Bow、 現代の車ではありますがオーストリアのKTM社が作ったカーボンモノコック構造のスポーツカーです。自動車評論家 西川淳 氏が東京から自走参加の予定です。またCar Magazine 3月号(NO.405)に掲載の東京在住“のりたまこ”さんが愛機 Isettaによりなんと自走で入洛される予定です。

今年最初のTSM、みなさまお友達お誘いの上ご参加くださいますようお願いいたします。なお、今回は岡崎AC Mindsさんご提供の2012Y Calenderを先着順で差し上げます。数に限りがありますのでご希望の方はできるだけ早くお越しくださいますようお願いいたします。ちなみに今年のモチーフは “Lotus Mark 9”となっております。

Xbow02

Noritamako_2

Calender_2

開催日時 2012年3月18日(日) 8:00~11:30AM

場所    嵐山・高雄パークウエイ内 小倉山展望台駐車場

通行料 1台1,000円  (および通行料1.150円必要(JAF会員・ETCカード提示1.000円) )

用意するもの 愛車の話題と笑顔

参加資格 1970年代までのヒストリックカー(国籍問わず)
     1980年以降生産の同系車種(Mini、Seven等)

-お願い-

TSMは今年で丸6年を迎えます。いままで仲間によるボランティア開催を行ってきましたが、開催にかかる経費はすべて個人負担で行ってきました。このMeetingをより有意義にまた末永く続けるために今年から“会員制”制度にしたいと存じます。年会費5,000円、遠方から時折参加の方にはスポット参加費1回1,000円をお願いしたく存じます。年会費には1年間の参加資格として年度ステッカーの配布と初年度は“TSM 特製Cap”をご用意しております。毎回の企画費用や著名Racing Driver、ジャーナリストの招聘等の費用に充てさせて頂く所存です。

また毎回コンクールデレガンスを行い1~3位を表彰、それぞれ記念Trophyと1位には毎月持ち回りの特製Trophyをご用意いたしました。

年9回の開催ですので1回あたり500円強の参加費用となりますが、何とぞご理解をお願いしたく存じます。なお、年会費申込書は当日ご用意いたしますのでよろしくお願い申し上げます。

それでは春の高雄でお会いしましょう! Start Your Engine!!   mic

|

« Coppa di Suzuka ご報告 | トップページ | 開催場所変更のお知らせ »

コメント

こんにちは。本年初のTSMということもあり、普段日曜日仕事の者も代休をとり、仲間数台で参加させていただきたいと計画していたのですが、今回より会費制の参加有料化となるとの告知ですが、毎月参加できる者も少ない事もあり年会費を支払うには負担が大きすぎると思うのですが、見学だけでもやはり会費が必要なのでしょうか?もしくは、遠方扱いでスポット参加費1,000円が適用されるのでしょうか?恐れ入りますがご回答宜しくお願い致します。

投稿: 参加費の件で確認させて下さい | 2012年3月11日 (日) 17時28分

数回、参加させて頂いている者です。
ご企画等々、いつもお疲れ様です。

早速ですが、参加費徴収の意義は、理解しています。
が、参加費を支払ってまで参加しようとは思っていません。

なぜなら、主催者及び有志者の思いで企画されるのは結構だと思いますが、それに賛同しているわけでは無いからです。

週末にふらっとドライブ&そこでお会いした車趣味の共通な方々とのコミニケーションを楽しみにしているだけなのでよっぽどの話題性のあるようなこちらが見てみたい!という以外は参加費を払うつもりは無いからです。

ある意味、趣味を超えての運営を実施しているのでは?
疲れるようであれば、やめるべきです。

どれだけの人が運営者・主催者に期待しているかはわかりませんが、私は、期待していませんので会費については再度考察されては如何でしょうか?

不躾なコメント、失礼しました。

投稿: 嵐高 | 2012年3月11日 (日) 19時28分

何度か見学させていただいている者です。

会員制として会費を徴収するからには
使途の詳細な明細を明らかにした上で
会計報告もなされるのが当然だと思うのですが
そう理解してよろしいでしょうか?

丼勘定で使途も明らかにされないのであれば
お金を払う気はありません。

当コメント欄上で結構ですので
御回答の程、よろしくお願いいたします。

投稿: CIM | 2012年3月12日 (月) 03時33分

気軽に参加できるミーティングということでかねてからとてもよい集まりだと思っておりました。

しかし今回の件でやはり同じように考える方がおられますね。
私も先に書き込まれてる方同様年会費、費用徴収は残念に思います。
確かに企画され運営されておられる方々は大変な思いをされ準備されてる事と思います。
しかしそれも旧車オーナーそれぞれが集まってからこそ成りたつ集まりだと思うのですが。
集まってくる人々も企画する人も車が好きで来る。それではダメなのでしょうか?

いまいち金銭を徴収するに至った経緯が不明確だと思いますのでそこの説明をしていただければと思います。

あとジャーナリストや評論家を呼ぶって必要なのでしょうか?
個人的にはお金出してまで来ていただく必要性があるのか疑問です。

ただ車好きな者達が集まる、ではダメなのでしょうかね?

あと、
用意するもの:愛車の話題と笑顔と年会費(五千円)及びスポット参戦料千円。
ですよね。

投稿: BP | 2012年3月12日 (月) 14時58分

私も年に1.2度参加させて頂いてます。色々な珍しい車を拝見し、また旧車の繋がりも多少させて頂きました。
会員制というのが、まだよく解らないので、もう少し詳しくお教え願いたいものです。
あと、他の方も色々と書かれてますが、他のイベントには参加されたことはあるのでしょうか?
あちこちのイベントに参加したことがあるのですが、会計報告を参加者に配って貰ったことも無けりゃ、聞いたことも無いです。
皆さんは、ただの車好きの集まりにしか行ったことのない方々でしょうか?
たしかに初めに申しましたように、主催者様側に詳しく当日説明をして頂きたいと思います。
旧車ですけど、別にギャラリーとしての参加ですと会費?は払わなくてもいいのではないでしょうか?
会員参加とギャラリー参加に分けてほしいです。
会費?を払われる方々から、表彰されるのは良いと思います。

投稿: win | 2012年3月12日 (月) 19時47分

さまざまなご意見ありがとうございます。今回会員制に至った経緯をご説明させていただきます。

約5年前にTSMを始めた当初は仲間内数十台のただの車好きの集まりであったわけですが、会を重ねるごとに台数も増えまた参加者のご要望もあり車種別特集やさまざまな企画を行い、ゲストも招聘し気がつけば毎回100台近く、また時には250から300台を越える参加台数となりました。月に1度の日曜日に参加される皆さまにはなかなかご理解をいただけないかとは存じますが、これだけの台数となりますといろいろな方々の協力も仰ぎその準備も相当な時間、手間がかかるのが現状です。経費に関しては今まで仲間および小生の個人負担で行ってきましたがかなりの金額がかかっている状態です。TSMのあり方につきましては今後も参加者皆さまのご意見を聞きながら進めていきたいと思いますが、方針、方向決定企画に関しては当然ながら事務局で行っていく所存です。ご理解頂ける方々にご参加いただければ良いかと存じます。ちなみにジャーナリストやRacing Driverの皆さまには今までご厚意に甘えさせて頂き交通費はもちろん一切必要経費はお支払いしていないことをつけ加えさせていただきます。

事務局といたしましては、旧車で来られる方にはできるだけ会員になっていただきたく思っておりますが、年数回や時折ご参加の皆さまにはご案内しておりますようにスポット参加(1,000円)をお願いしたく存じます。ご質問のギャラリーの皆さまは勿論参加費は頂きません。ただ駐車エリアは分けさせて頂く予定です。またコンコースデレガンスに関しては参加車を対象に行います。

また皆さまから徴収させていただく会費等に関しましては会員の皆さまに年1度報告の予定です。

TSMの今後の継続と発展にどうぞご理解を頂きたく存じます。

TSM事務局 Bob&mic

投稿: mic | 2012年3月12日 (月) 21時38分

いやー残念!残念の一言につきます。
これだけ素晴らしく定着していた旧車の集いが金銭絡みで気持ち良く参加しづらくなる事が残念でなりません!
確かに過去のTSMならではの企画を振り返ると、まず普通の旧車好きだけでは実現する事は不可能だったでしょう。これは発起人MIC氏の意気込みと人脈、何よりも夢があったからこそ実現できたであろうと私は思います!
著名な方々がゲストに来られる事は、参加する者にとって喜ばしい事であり、旧車の集いをより一層魅力的にさせる事にも繋がります。
正直、参加するのに掛る費用はバークウェイ通行料のみ!
こんな素晴らしい集いが地元京都で行われている!
そんな集いを誇りに思うと同時にmic氏をはじめとする関係者様を尊敬するばかりでした。

そこでですが、私のTSMはこうであるべきではないか!を述べさせて頂くと、
著名な方々を呼ぶ為に、経費やいろいろな負担が生じるのであれば要らない!

旧車好きな方々が気軽に集まれる場所と時間を与えてもらえればそれ以上は求めません!

直前で申し訳ないのですが、今週末の本年一回目に会費参加申し込みを行うのはやめて、今まで通り集まり、参加者に無記名にてアンケートをとられてはいかがでしょうか?
そのアンケートを回収し今後の在り方を再検討という運びにはならないものでしょうか?
正直、今の考えだとギャラリー参加希望ですが、駐車場を分けられたりと、心から楽しく伺う事はできないので残念ですが予定を変更せざる得ないかとおもっております。
もし私の様な考えが極少数意見である様であれば無視して下さって結構です。

最後になりますが、何も企画しないといっても一つの集いをまとめるには大変な労力がかかる事はよくわかります!
せめて主催関係者様のお茶代くらいは払いたい気持ちはあります!
提案ですが、オリジナルグッズを販売企画などされては如何でしょう?
例えば、micさんのハイセンスを生かしてオリヂナルグリルバッヂなど製作されては如何でしょう?皆さん欲しいと思われるのではないでしょうか!
100人注文受けて原価に1000円乗せても10万円の経費作れます。

長々と申し訳ございません。
今後もTSMが良き方向へ進み、末長く存続する事を心より望んでおります。

投稿: 従来のTSM参加希望車 | 2012年3月13日 (火) 16時01分

こんばんは。
何時もお世話になっております。<(_ _)>

少し思う事を書かせて頂きます。

事務局は今後も楽しいTSMを運営する為に色々な企画を考えて
おられるようです。
当然、何かをする為には労力と資金が必要になります。
それを今までは事務局スタッフの方が出されていた訳です。
それはやはり負担になる訳で・・・。
しんどくなられたんじゃないですかねぇ。
しんどいままTSMを今後も運営して行く事は難しいと思います。

この楽しいTSMを末永く存続開催するには事務局スタッフの方々
の負担を参加者が一部分でも助けて上げる事が必要なのでは
ないでしょうか。
楽しむだけ楽しんで、しんどい所は事務局任せと言うのも・・・。

正直な所、今まで参加費無しで大丈夫なのか心配してました。

投稿: 宇治彩輪堂 | 2012年3月13日 (火) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406759/44402148

この記事へのトラックバック一覧です: 47th. TSM 開催のご案内 および お願い:

« Coppa di Suzuka ご報告 | トップページ | 開催場所変更のお知らせ »